生産部

製造部門
商品コンセプトをふまえた      確かな製品づくりを心がけています。 生産においては、水を例に取りますと、水質基準に合格した水を更にろ過処理、脱イオン処理、紫外線殺菌処理を経て更に紫外線殺菌灯入りのリザーブタンクに貯留されます。製造に必要な純水はこれを使用しています。
自動温度管理の乳化タンク、各種生産量に応じた製造タンクを揃えています。
常に新しい素材を求めて   新しいものに挑戦していく。



品質管理ではGMPを実施し、原料の受け入れ検査、製造時の試験検査はもとより、生産した全商品のサンプルについて3年間の追跡調査を行っています。また、それぞれの試験検査については自動滴定装置、高速液クロ等の導入をはじめとして迅速・正確に結果が得られるよう分析機器の拡充に努めています。


そのほか様々な温度で過酷なテストを繰り返し、安定な製品を送りだしていくのに欠かせない装置が右の加速試験用の恒温槽です。その他にも製品の菌検査を行い検体を培養するための恒温槽もあります。
これらの試験に合格して初めて製品として出荷されます。




充填・包装部門
確かな品質を保証するために      最善を尽くしています。

商品がユーザーの元へ届けられる行程を見ると、製造してから、充填・包装・出荷の各工程があります。その充填工程では、締め付けトルク管理の出来るボトル用キャッパー、確実なロット印字にはインクジェットを使用、包装工程では各工程ダブルチェック体制で、充填・包装のミスを無くし、品質向上につとめています。
ページのトップへ戻る